病棟勤務と外来勤務どっちが働きやすい?看護師が転職するなら?

看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。
特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。
それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。
外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、私達看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。
外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。
中には、退職金に懸念がある人もいるのかもしれません。
退職するときに看護師がもらえるお金は、国立や県立の病院では多くなります。
国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。
規模が小さい医療施設の場合には、退職手当は少ししか出ません。
夜に勤務する機会が多くなるので、多くの人に仕事がしやすい場所とは限らないものの、全体としてみれば、規模が大きい病院の方が退職金などの待遇が良いでしょう。
看護師が転職をしたいならきちんと履歴書を書いた方がいいでしょう。
書くときに、重要なポイントがいくつかあります。
写真ですが、三ヶ月以内に撮影した新しいのを貼ってください。
そして、住所と氏名といった記入項目は間違うことなく、きちんとした文字で分かりやすく慎重に書くことが大切なことなのです。

看護師転職時に人材バンクへの登録必要?【口コミ&メリットは?】