フラット35を中古物件で申し込む時の基準は?

新築だと高額になってしまうマイホームでも中古だったらどうにか購入できる可能性があるという方も多いと思います。
中古住宅であってもマイホームを手にするというのは財産を手にするという事ですから大変素晴らしい事だと思います。
その中古住宅でもフラット35を利用できるのですが、その時には幾つかの機構が定める技術基準があります。
接道は原則として一般の交通道路に2メートル以上接する事。
住宅の床面積は一戸建ての場合は70ヘイホーメートル以上。
2以上の居住室、炊事室、便所、浴室があって独立した生活を営むことができる。
など中古ならではの技術基準があります。
素人には少々難しい所がありますので、フラット35を利用して中古住宅を購入する時は不動産屋に相談しておくと良いでしょう。